「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > はじめての方へ > 投資信託って?

投資信託って?

弊社では長期における資産運用に向く金融商品は「投資信託」であると考えます。

資産運用に向く金融商品は?

資産運用に向く金融商品は?

なぜ投資信託が長期での資産運用に向いているのか?

投信はオールマイティな金融商品

資産の組合せ次第でタイプの
異なる商品を組成可能

分散投資に最適

資産運用のコア商品

投信はオールマイティな金融商品

様々な金融商品を組み合わせることができるため、分散しやすいという利点があります。そして、その多くの金融商品の中で、弊社は世界の株式を購入できる金融商品を組入れており、世界の分散効果を考えております。

他にも投資信託の仕組みを見ていただけるとわかるようにプロに運用をお任せすることで初心者でも継続しやすく、また少額(5000円から)世界のマーケットに分散投資ができるメリットがあります。

投資信託(ファンド)とは

お客さま(投資家)のお金を運用会社(プロ)が運用。
投信(ファンド)を通じて世界のマーケットに投資します。

投資信託(ファンド)とは

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み

また投資信託は法律でしっかりお金を分別して管理するように定められており、もし万が一運用会社や販売会社になにかあっても、お客さまの資産は守られる仕組みができております。

さらに弊社では、販売と運用を兼ねる直接販売(直販)という形態をとっており、運用者のセミナーを直接聞くこともでき知識の向上につなげられます。さらに販売会社と運用会社を仲介する必要もないため、手数料も低く抑えることができます。

投資信託のメリットは?

〈1〉少額(5000円程度)から投資可能
⇒ 株式投資は1銘柄で最低数万円はかかる
〈2〉株式や債券など複数銘柄に分散投資可能
⇒ 自分で分散投資するには大きなお金がかかる
〈3〉投資のプロが代わりに運用してくれる
⇒ 専門知識がなくても大丈夫
〈4〉時価が毎日計算されていつでも購入・売却可能
⇒ 透明性・流動性が高い

投信のデメリットは?

〈1〉預貯金と違い元本割れのリスクがある
⇒ 分散投資していても価格変動は避けられない
〈2〉投資対象によりリスクの大きさが異なる
⇒ 株式か債券か不動産か商品か、国内か海外かによりリスクの大きさが異なる
〈3〉保有しているだけでコストがかかる
⇒ 売買するだけでなくファンドを保有しているだけで手数料(信託報酬)がかかる
〈4〉どれを選べばよいかわからない
⇒ 公募ファンドだけで5600本以上。いいファンドを見つけるのは至難の業

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900