「ありがとうございます」をお客さまに、お客さまからは「ありがとう」というお言葉を。

  • フリーコール 0800-888-3900
  • 無料 資料請求はこちら
  • MENU

HOME > はじめての方へ > 分散投資の大切さ

分散投資の大切さ

投資信託は預貯金と違って価額変動する金融商品です。

企業業績や景気サイクル、マーケット動向の影響を受けて基準価額も上昇と下落を繰り返します。

分散投資の大切さ

もし上がったり下がったりする相場、いつ買えばいいのか、いつ売ればいいのか?と判断しようとするのは中々難しいものです。ある程度予想はできても確実に判断をすることはできません。

そこで大事になるのが「分散投資」です。

分散投資とは、リスクを一か所にまとめず、複数の投資先や時間、世界の国などに資金を分散させることでリスクも分散させる投資の手法です。

分散投資をうまく味方につければ、リスクを軽減しつつ効果的に資産形成を行うことができます。

分散投資の大切さ

分散投資について

分散投資には大きく分けて2種類の分散の方法があります。

運用について

資産を分散する方法と時間を分散する方法です。

それぞれの特徴についてみていきましょう。

資産分散

資産分散

資産分散とは、一つの企業だけでなく複数の企業の株式に分散をしたり、株式だけでなく債券、不動産、原油や金などの商品にも投資することです。

また、複数の国や地域にも投資先を分けることで、もしどこかの国でなにか地震や戦争などがあったとしても他の国にも投資をしておけば資産が減ってしまうリスクを回避することができます。

投資ではよく『卵を一つのカゴに盛ってはいけない』という格言が使われます。

全部持っている卵(自分の資産)を一つのかご (金融商品)に盛ると、そのかごを落とした時に全部割れてしまうかもしれない。しかし、複数のかごに分けて卵を盛れば、一つのかごを落としても、他のかごの卵は影響を受けずにすむという教えです。

つに投資した場合

投資信託はその商品ひとつですでに複数の投資先、株式や債券、世界の国などに資産を分散投資してリスクを低減しています。

しかし、投資信託の基準価額は変動しますので、自分の持っているすべての資産を一度に投資した場合、たまたま基準価額が高いところで買ってしまうこともあるかもしれません。

投資信託は値動きのある株式や債券等に投資しているので、資産分散してリスクを分散しても値下がりするリスクを完全になくすことはできません。

リーマンショックのようなことが起こりマーケット全体が値下がりする局面では、いい企業の株式も悪い企業の株式も値下がりしてしまいます。そのため、一度に投資するとたまたま値段が高いところで投資して大きく値下がりしまうリスクがあります。

このような場合に有効な投資手法は、一度にまとめて投資せずに時間軸を分けて投資する時間分散投資です。

そのようなタイミングのリスクを回避するために、おすすめなのが時間分散投資です。

時間分散投資は『卵を一度にカゴに盛ってはいけない』と表現することができます。

時間分散

時間を分けてかごに盛る

時間を分けてかごに盛る

購入するタイミングを分散することによって高値掴みによる元本割れのリスクを回避し、購入単価を平準化することができます(※ドル・コスト平均法)。

時間分散投資をするのに最適な方法が定期積立サービスです。

毎月一定金額を自動的に投資していくので購入価額を分散することができますし、自分でタイミングを計らなくても済むのでマーケットが激しく変動していてもマイペースで投資を継続することができます。

積立投資のススメ

まとめ

資産分散
『卵を一つのカゴに盛ってはいけない』
時間分散
『卵を一度にカゴに盛ってはいけない』

資産分散

資産分散は一時点での分散

資産分散

時間分散

時間分散は時間軸での分散

時間分散

投資信託でコツコツ積立投資していくことは、資産分散と時間分散投資を同時に実現することができる最適な投資方法の一つであると言えます。

資産運用で大切なことは分散投資をして長期で継続することです。目標に向かって将来のためにコツコツと積立投資を継続していきましょう!

お取引にかかる手数料率およびリスクについて

弊社ホームページに掲載されている『ありがとうファンド』のお取引をしていただく際には、所定の手数料や諸経費をご負担いただく場合があります。また、『ありがとうファンド』には価格の変動等により損失が生じるおそれがあり、元本が保証されているわけではありません。

『ありがとうファンド』の手数料等およびリスクにつきましては、商品案内やお取引に関するページ等、及び投資信託説明書(交付目論見書)に記載しておりますのでご確認ください。

資料のご請求・口座開設に関するお問合せ

フリーコール 0800-888-3900

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900

※クリックすると電話を発信できます

※お問合せ前によくあるご質問をご確認ください。

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

pagetop

インターネットからの資料のご請求・口座開設はこちら

フリーコール 0800-888-3900